冷めた?彼氏の心が満たされない理由?カップル必見!

MENU

彼氏がいつもコロコロ変わる女性の心から満たされない本当の理由

いつも彼氏は隣りにいるけれど、なぜかすぐに恋愛が終わり、次の彼氏ができてもなんとなく心が満たされない・・・そんな経験はありませんか?

 

恋愛は寂しさを埋めるツールでもありますが、恋愛がなかなか続かないのに彼氏だけがコロコロ変わる女性の心理には、単なる淋しいという気持ち以外に、どこかしら足りない部分が存在します。

 

そこで、恋愛では満たされない本当の理由をご紹介していきますので、自分の恋愛と照らし合わせてみてくださいね。

 

 

彼氏がいつもコロコロ変わる女性の心から満たされない本当の理由

・足りない部分を恋愛や物欲で満たそうとしても満たされない

いつも周囲に誰かしらいないと淋しい、友達や彼氏がいないと嫌。と感じている人は、ブランド品の最新バッグやイケメンの彼氏を連れて歩きたい願望が強い場合が多かったり、好きと告白されたら相手の事を総深く知らないうちから、すぐにOKの返事をしてしまいます。

 

こういった女性は、自分の価値は相手に選ばれることだったり、ブランド品を持つことでいつも自信の無い自分の底上げをしょうとするので、ブランド品を身に着けることで、自分の価値を高めようとします。

 

愛されたい自分はまっさらな自分で、素顔の自分や性格を愛してもらいたいのに、自分が彼氏を選ぶ基準が「イケメンでお金持ち」「プレゼントをくれる」
「いつも好きだよと言ってくれる」など、自分の都合の良い部分ばかりを求めているので、自分は愛されていないと感じ、毎回同じような相手を彼氏に選んでしまいます。

 

 

・自分がないので、他人の価値観でしか物事を見ることができない

「あんな彼氏なんて別れた方がいいよ」など、彼氏を選ぶ基準が友達や親の意見であったり、ファッションですら皆と同じような物を選んでしまうようでは、自分の信念や価値観が養われません。

 

日本社会は、子供の頃から他人と違う部分を受け入れられないという文化がありますので、自分の価値観が養われないのも仕方ないのかもしれませんが、他人から拒絶されると酷くプライドを傷つけられたり、激しい怒りの感情を抱くのは、無意識では自分価値観が他人頼りであることを知っているからです。

 

他人の尺度ではなく、ここだけは譲れないという部分にプライドを持つことで、自分なりの価値観を作っていきましょう。

 

 

・過去ばかり振り返り、ネガティブな思考ばかりを口にする

言葉は言霊とも言われる通り、口に出すだけで気持ちや考え方すらもネガティブになってしまいます。

 

過去を振り返って反省し、現在に活かしていこうとする考え方はポジティブですが、反省せずにずっと引きずるのは、単なる怖がりでマイナスな感情でしかありません。

 

毎日が一生に一度の事と感じ、日々の生活にハリを持つことができないと、ネガティブからの脱却はできませんので、過去にこだわることなく反省をしたら次に活かす機会を作り出していきましょう。

 

 

おわりに

恋愛で満たされない方は、家庭環境が大きく反映されている場合が多く、特に両親の不仲や家族仲が悪い場合には、恋愛に逃げ場を求めてしまいがちです。

 

人にはそれぞれ良い部分や悪い部分がありますので、悪い部分だけを見て相手を切り捨ててしまわずに、全体的に相手を見ていかないと、本当に大切な人を逃してしまいますので、心の隙間を埋めるような安易な恋愛ではなく、信頼関係を築ける相手との恋愛を楽しみましょう。